腸内環境改善法

お腹

私たちが習った知識では胃腸とは口から摂取した食べ物を分解と消化をする体の器官です。

人間は手を動かしたり足を動かしたりする時は、「手に取る」とか「歩く」など意識をすることで動きます。

しかし、胃や腸、肺、心臓などは意識をしなくても生命を維持するために休まずに働いています。

そのため何か症状が起こらない限り腸に意識することはありませんが、腸は第二の腸と呼ばれる程多くのホルモンで体を調節したり、免疫に必要な器官が集中するなど食べ物の分解や吸収以外にも様々な働きをします。

腸の仕組み

腸は人間の器官で一番長い器官で、小腸の長さは約6~7メートル、大腸の長さは約1.5メートルで、その表面積は大腸で約100平方メートル、小腸はその2倍、約200平方メートルもの表面積があります。

こんな巨大な器官が体の中にコンパクトに収納され日々命を維持するために働いているのです!

また、小腸や大腸の内側は消化・吸収をする小突起が無数に存在し、表面積がこのように大きくなるのです。

腸の長さは人種の違いより身長差に影響され農耕民族の日本人は野菜が中心なので腸が長くなり、狩猟民族の欧米人は肉食中心で腸の長さが短いとされます。

腸が生成するホルモン

人間の気分はホルモンによる影響を強く受け、「幸せだ」と思うようになるホルモンはセロトニンと呼ばれています。

このセロトニンは実は体内には10ミリグラムしか存在していないとされ、その90%が腸内に存在するのです。

このセロトニンは腸内環境が悪化すると合成されなくなり、精神が不安定になりうつ状態になったりします。

ストレスなどを感じると通常であれば、腸反応してストレスに対する防御反応としてセロトニンが分泌されます。

腸が脳より早く反応してこのように体を守っているのです。

腸と免疫

腸の免疫は人体最大の免疫系で免疫系全体の60%の細胞や抗体から構成されています。

生命を維持するため栄養を体内に取り込んまなければいけないのですが、病原細菌も体内に入る可能性があります。

この腸管免疫系は食品のように安全なものと、病原細菌のように病原性のあるものを識別しています。

腸内環境が外敵に対する免疫力と、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病の両方に関係しているという事は、ほとんどの病気が腸の環境に左右されると言っても過言ではありません。

免疫機能が高くなれば、ウイルスや細菌などの感染を防ぎ癌が発生したとしてもそれを排除することが可能なのです。

サプリバナー

出典:善玉菌を増やす乳酸菌サプリを摂取する事で便秘・アレルギー・花粉症など様々な解消に役立ちます。

サイトマップ